強くなれる理由を知った 歌詞。 紅蓮華/LiSAの歌詞

しかし良く調査していくと神が人に試練を与えることはないという言 葉も存在するようですね でも止まれない日々からその誰かは鬼の被害者全てに変わっていきます
実際に蓮の華を調べてみると「少しピンク?」と思うかもしれません 3つの「僕」は同一人物で、時間の違いという意見ですね
人の道はある面でそうした要素をはらんでいるように思えます タイトル『紅蓮華』とは まず読み方ですが「ぐれんげ」と読みます
イナビカリの雑音が耳を刺す 戸惑う心 優しいだけじゃ守れないものがある? わかってるけど 水面下で絡まる善悪 透けて見える偽善に天罰 逸材の花より 挑み続け咲いた一輪が美しい 乱暴に敷き詰められた トゲだらけの道も 本気の僕だけに現れるから 乗り越えてみせるよ 簡単に片付けられた 守れなかった夢も 紅蓮の心臓に根を生やし この血に宿ってる 人知れず儚い 散りゆく結末 無情に破れた 悲鳴の風吹く 誰かの笑う影 誰かの泣き声 誰もが幸せを願ってる どうしたって! 消せない夢も 止まれない今も 誰かのために強くなれるなら ありがとう 悲しみよ 世界に打ちのめされて負ける意味を知った 紅蓮の華よ咲き誇れ! 運命を照らして. このあまりにも斜め上な展開とそれに納得してしまう無惨様の傍若無人っぷりに、当時の読者は爆笑するやら悲鳴をあげるやら呆れ果てるやら、高評価でありながら無惨様へのヘイトがストップ高になる異常事態になりました そして、いろんな悲しみに、感謝できるようになった 9年目に差し掛かった 私の歌です
「どうやったって、過去は消せない」そんな感じでしょうかね 基本的に暗く悲嘆に塗れた話ですがシリアスの中にコメディ要素も含まれます
31