東京オリンピック中止しろ。 オリンピック中止いつ決まる?「中止しろ!」と国民の声多数も中止できない理由とは?

国や東京都による費用負担が変わらないと仮定を置いた上で、大きく変動が予想されるのは IOC負担金と チケット売上の2つだ。

=1日、墨田区 撮影:田中龍作= — 田中龍作 tanakaryusaku 五輪派遣だけの問題ではないと、医労連の看護師さんがおっしゃってました。

そのため大会自体が中止となれば、その費用はIOCに渡ることはない。

しかしながら、ここ1ヶ月に渡って盛んに主張された 違約金については、その条項が契約書に明示されているわけではなく、あくまで憶測に過ぎない(そのため正確には違約金ではなく損害賠償だ)。

IOCは大会中止によって大きな損失を被るが、それが損害賠償の形で都や国に転嫁される可能性もある ということだ。

どちらを選択してもこの現状では痛手を負わずとはいかないように思います。

ツイッター上には、この言葉があふれ、世界中の人が五輪開催に疑問を持ち始めているのだ。

20
これにはやはり 「日本も世界も今の状況が良くないため反対」というもの。 国内外合わせて4,000億円以上のスポンサー費用が企業に返金される可能性は低く、各社が加入している保険などによってスポンサー企業側が一定度の補償を受けられると。 5月17日に日本に来日し2日間滞在が検討されているようで、この間にバッハ会長としてはオリンピックに向けての調整を図り、開催へと歩んでいくのが理想なのでしょう。 組織委 7,210億円 となっており、組織委員会と並んで開催都市である東京都の負担がほぼ同額であることが分かる。 おなじくライセンシング費用についても同様だろう。 しかし、開幕まで3カ月というタイミングでの再々宣言に、海外からも「五輪中止」の声が相次いでいる。 誰のため、何のためにやるのか? おカネや政治が理由なら本当にやめてほしい」と切実に話した。 こうした「間接費用」の存在などから、五輪の中止に伴う経済的負担や損失を算出することは容易ではないが、はじめに予算案のみに絞って考えていく。 早く五輪を中止する事が、一番のコロナ対策になる!!!. 「東京五輪は中止が決定している」 その根拠は以下の通りだ。