進撃 の 巨人 119 話 ネタバレ。 【進撃の巨人 29巻】ネタバレと考察をまとめました

きっとコニーたちはまだ葛藤や後悔がある中で、正解の実感が持てる目の前の彼らの涙を答えにするしかないという感じなのではないでしょうか。

銃を向けられても巨人化しないことが何よりの証明です、と主張するアルミンに納得するミュラー長官は銃を下ろすように指示 男性は後ろ姿で顔は見えないのですが、髪型といい、身体つきといい、口調といい、エレンと考えてまず間違いはないでしょう
エルディア人すべてに何か特別なことを求めているわけではなく、もしかしたら特定の人間の何かを求めていたのかもしれません ずっと成績の劣るライナーに9年前戦士の座を奪われたことを根に持っていたポルコですが、兄の記憶を見て真相を知ったポルコはわだかまりが消えたのか、ライナーに代わってポルコを助けて死ぬ事を選びます
人間同士の殺し合いで滅ぶ コルトは巨人化の熱に巻き込まれ、命を落としてしまいます
important;background-color:rgba 0,0,0,. そのファルコは逃げようとしたエレンの足を掴まえた拍子に倒れたライナーのうなじにかじりつきます イアン・ディートリッヒに現場の指揮は全て任せると言うピクシス司令
正直、ジークが裏切る前からジークが何を考えているのかわからなかったが、子供を巻き込んで平気な人ではなかったはずだ そのことも、地下室に行けば解明されるのかもしれないですが、もうすでに巨人化してしまってますし、暴走始めてますよ
つまり、ミカサのマフラーを巻き直してくれたのは、ほかならぬエレンでしょう エレンがミカサの恋心を顧みなかったことに怒るアルミン
「やります!」と力強く答えたエレンでした 巨人の恐ろしさを知った者は、二度と巨人に立ち向かえん
ジークはグリシャ・イェーガーがエレンにいかに民族主義を植えつけたか、グリシャの記憶をわかるまで見せてやると言います ピークに向かってミカサとアルミンが攻撃を仕掛けているので、ピークの命も風前の灯かもしれません
人類が滅ぶとすれば、それは巨人に食いつくされるのではない が、硬質化を解くのが一瞬遅く、ファルコ巨人は近づいてきたポルコに標的を定めます
71 43