背中 ストレッチ。 【背中を柔らかくする方法】気持ちいいセルフケアを徹底解説!

このとき、お腹にグッと突き出すようにすると効果が高まる。

STEP1:座ったまま片膝を伸ばす ダンサーとして活躍しながら、本格的にヨガを学ぶべく、タイの寺院Suan Mokkhの山奥で瞑想修行、インドのヨガの聖地リシケシでヨガ修行、バリのウブドで全米ヨガアライアンスRYT200を取得し、スリランカでアーユルヴェーダを学ぶ。

91

背 中にある大きな筋肉(広背筋)・肩甲骨の間にある筋肉(菱形筋)・首から背中にかけてついている筋肉(僧帽筋)を伸ばすことができ、• 20歳の時にヨガに出会い、その後ンタに触れ、共感。

ストレッチを続けて筋肉をほぐしておけば、身体の動きも自由になり、コリや痛みに苛まれることもなくなります。

バランスを取るのが得意ではなくても、すぐに利用できます。

他にも「 足の冷え性・むくみ・股関節痛・足裏の痛み・坐骨神経痛・頭痛・呼吸が浅くなる」など様々な不調の原因になります。

猫背の改善• こりや張りは長時間同じ姿勢を取り続けたり、同じ筋肉だけを酷使し続けたりすることで起こります。

三角筋後部も硬くなることで肩が前側に出る「巻き込み肩」の原因に。

【背中のストレッチ】背中の張りが解消できる! 私たちが背中に張りを感じるのは、肩甲骨の周囲や、腰に近いとことではないでしょうか? 肩甲骨の周囲に張りを感じたら、ストレッチで首の後部から肩と背中に広がる僧帽筋をほぐすと張りが解消できます。

左右どちらも10回程度行います。

また、 悪い姿勢が続くとカラダが記憶してしまい、歪みを作ってしまいます。

肩コリや首コリがある人は、背中もこっている場合が多いでしょう。

寝ながらおこなう背中のストレッチ 自宅のベッドなどで寝転びながらできる背中のストレッチを紹介します。

目線はまっすぐか斜め前に。