ジャム おじさん。 ジャムおじさんとマスオさんの声が交代へ。増岡弘さん卒業、後任は山寺宏一さん、田中秀幸さん

映画版では、お互いの自己紹介はなかったものの、カツドンマンはてんどんまんがジャムおじさんの知り合いだということを知らなかった様子。

・/カレーパンマンのパワーの補充。 剣の道から退いて蕎麦屋専業になっていた時は蕎麦の器をする形で武器にしていた時もあった。 誕生直後にばいきんまんに「アンパンマンはお前の敵だ」と刷り込まれたことで、アンパンマンと対峙すると悪い心になり、アンパンマン達と戦うことになってしまう。 映画第2作目『ばいきんまんの逆襲』ではばいきん大魔王戦に参加した。 や、など数々のスポーツをこなす一面もある。
78
小僧というだけあってやんちゃで元気な性格をしている などを降らせる裏方をやっている
王女の歩くところにいつもを敷いたりを吹くことが多い また、だいこんやくしゃだけが登場する話もある
ジャムおじさん達の仕事も積極的に手伝っているが、菓子作りを自分で上手くやれるまでは上達していない お腹を空かせて困っている者に自分の丼を食べさせたり、自身の作った丼を提供している
プリンちゃんと仲が良くいつも一緒に行動している ゆず姫に立派なお姫様になってもらおうと厳しくしつけているが 、居眠り癖があるため、しばしば稽古中に城を抜け出されてしまう
喫煙のシーンもあった お前のとこは大丈夫?」「え?地震ですか?」「なんで話を急かすの?」「はい?」と話がかみ合わないので 助手席にいたアンパンマンに「バイキンマンのとこな」と伝えると、血相を変えて飛んでいきましたわ で、 なかなか帰ってこないので電話すると「死んじゃう
メロンパンナと同様、学校の授業に参加し、パン工場に寝泊まりすることがある(特に映画版) もくじ• 他人に対して感情的になりやすく、時々自分を見失いがちになったり、周りが見えなくなったりしてしまう
ジャムおじさんとは既に知り合いから物語は始まる 気持ちの切り替えは早く、姉が飛び去るたびに涙を流すが、その際にアンパンマン達に励まされて元気を出すことが多い
直接食事をする場面は見られないが、メロンパンナが作ったケーキを美味しいと言ったり、TV第753話B「ロールパンナとドクダミ夫人」では後ろ姿ながらを飲むシーンがあり、飲食をしないというわけではない おむすびまんを師匠と慕い、弟子入りする
17