三鷹 図書館。 子どもたちが犬を相手に本の読み聞かせ R.E.A.Dプログラムを導入した三鷹市立図書館での試み

今は三鷹を離れて暮らしている方で、この建物や図書館を懐かしく思い出す人も居るのではと思い、このお知らせを観光協会のブログにと思いました 犬の前で走らないこと その上で、子どもたちに初めて会う犬との接し方を教えていきます
「買い物中の飼い主を待っている時」「ごはんを食べている時」「車の中で飼い主を待っている時」など、犬に触らないほうがいい場合のことも併せて教えます 見ておわかりのように、子どもたちはみな本を犬に見せるようにして読んでいる
各スペースの外側には、椅子に座ったタイムキーパーが付き添い、残り時間を伝えるなどの手助けをする 犬への『読み聞かせ体験』では、1組ずつ周囲を簡易的に囲い、子どもが少しでも落ち着ける状況で本が読めるように配慮されている
最近では子ども向けの読み聞かせイベントやキッズスペースのあるも増え、子ども連れのお父さんお母さんにとっても過ごしやすいとなっているようです 最初こそ緊張した様子を見せる子もいたものの、しだいにみな読むことに集中し、犬との空間に馴染んでいきます
犬への『読み聞かせ体験』が終わった後には、短い時間ながらふれあいタイムも用意 (一部対応していない書籍もあります) 対象 市内在住、在勤、在学で、三鷹市立図書館または井の頭コミュニティ・センターの利用カードをお持ちのかた 導入する電子図書館サービス• 株式会社図書館流通センター「 LibrariE(ライブラリエ)& TRC-DL」• 株式会社紀伊國屋書店「 KinoDen(キノデン)」 開始時の電子書籍タイトル数 約1 ,200点 補足事項 「みたか電子書籍サービス」について、詳しくはをご覧ください
(貸出期間2週間・延長可)• 第5回目となる『わん!だふる読書体験』での『ふれあい教室』には、リピーター2名を含む20名の子どもたちが参加した 下連雀図書館閉館イベントのお知らせです
66
なぜ、それほど浸透しているのでしょうか? このプログラムには、犬に本を読むというユニークな読書スタイルを楽しみながら、子供たちの読む意欲や読書力の向上を図り、もっと本に興味をもってもらおうという目的があります。 中には、犬に向かって「タマネギ食べちゃダメよ? ハンバーグもダメなの。 もちろん、ただただ犬を撫でたい子も。 インターネットに接続したパソコン、スマートフォン、タブレットなどで、 24時間いつでもどこでも電子書籍を借りることができます。 Dプログラムに関しては2016年にテスト版を行い、2017年からは本格始動。
2