東京 コロナ nhk。 新型コロナウイルス 感染者数やNHK最新ニュース|NHK特設サイト

中野区 ・75歳以上には4月15日に発送済み。
杉並区 ・75歳以上には4月23日に発送済み 練馬区 ・75歳以上には発送済み
都の基準で集計した26日時点の重症の患者は25日より1人減って70人で、重症患者用の病床の18. ・65歳から74歳までには5月10日に発送した このうち、70代と80代の男女あわせて3人は感染力の強い「N501Y」の変異があるウイルスに感染していたということです
各地の感染状況 5つの指標 <4月15日分から新指標に移行> 政府の「新型コロナウイルス感染症対策分科会」は、感染状況を示す4つのステージのうちどのステージにあるか判断するための新たな指標を示し、「医療のひっ迫具合」「療養者数」「PCR検査の陽性率」「新規感染者数」「感染経路が不明な人の割合」の5つに見直しました 0%です
5%です 渋谷区 ・65歳以上に4月26日に発送済み
足立区 ・65歳以上に発送済み ・65歳から74歳までには5月12日までに発送した
1週間前の木曜日より167人減りました 743人のうち、およそ59%に当たる436人はこれまでのところ感染経路がわかっていません
・65歳から74歳までには5月14日に発送した 都の担当者は、特に「会食」による感染者のなかには自宅や友人の家で会食で感染したケースが複数、確認されているとして注意を呼びかけています
このため、まだ接種券が届いていない高齢者もいて、区に苦情が相次ぐケースが出てきています 7日間平均は減りきっていない」と話しています
新たな感染の確認が1週間前の同じ曜日を上回るのは9日連続で、増加傾向が続いています 中央区 ・65歳から74歳までには5月21日に発送予定
38
843人のうち、およそ62%にあたる526人はこれまでのところ感染経路がわかっていません。 20日までの7日間平均は704. 葛飾区 ・75歳以上には発送済み。 接種会場の合同庁舎(東京 大手町) 政府は、センターの開設で接種を加速させ、自治体による接種と合わせて、7月末までの高齢者の接種完了につなげたい考えです。 17日午後5時まで 約3万6000件の予約 防衛省によりますと、政府が設置する大規模会場での新型コロナウイルスのワクチン接種について、東京の会場は、きょうの時点で予約できる5月24日から30日までの1週間分あわせて5万件の予約枠に対し、午後5時の時点でおよそ3万6000件の予約があったということです。 ・65歳から74歳までには、6月中旬に発送する予定を前倒しし、5月25日に発送する予定。 ・接種券の番号を教えてほしいという要望に、個別に対応するかは検討中。 26日時点で入院している人は25日より15人減って2182人で「現在確保している病床に占める割合」は、39. 一方、感染経路がわかっている濃厚接触者の内訳は、 「家庭内」が168人と最も多く 「職場内」が43人 「施設内」が40人 「会食」が18人などとなっています。 1週間前の水曜日より23人減り、前の週の同じ曜日を下回るのは13日連続です。
2
〇重症患者数(国の基準で算出) 最新の発表となる8日時点の297人から、あと47人減らすことが必要です 前の週から増えるのは16日連続で、増加傾向が続いています
7つの区で接種券届いてない対象者も 東京23区を取材したところ、およそ3分の1の7つの区で対象となっている今年度中に65歳以上になる高齢者の中で接種券が届いていない人がいることがわかりました 感染経路は、医療機関が9人、高齢者施設が3人、家庭内が2人でした
・週末の15、16日には窓口をあけて、接種券の番号を伝える対応をとった 4%となっています
・65歳から74歳までには5月26日に発送する予定で、変更はしない NHKが東京23区を取材したところ、千代田区、中央区、大田区、荒川区、葛飾区、新宿区、練馬区の7つの区で、17日までに対象となる今年度中に65歳以上になる高齢者の中で接種券が届いていない人がいることがわかりました
感染経路がわからない人の割合が高く、引き続き警戒が必要なので、対策の徹底をお願いしたい」と呼びかけています ・65歳から74歳には5月下旬のスケジュールを前倒しして、5月14日に発送した
9