スペイン 風 オムレツ。 スペイン風オムレツ 間渕 英樹シェフのレシピ

トルティージャ・デ・パタタスってどんな料理? トルティージャ(Tortilla)はスペイン版オムレツのような卵料理で、日本ではスペイン風オムレツ、スパニッシュオムレツと呼ばれることが多いです。

火が通ったじゃがいもと玉ねぎはそのままフライパン上ではなく、一旦ボウルに取り出してから溶き卵と混ぜ合わせましょう(6)• しかし、ジャガイモはたいていの場合欠かせない具材である。 5 弱火にし、ふちが固まってきたらフライパンに皿をかぶせ、皿を手で押さえたままフライパンをひっくり返してオムレツを皿上にのせる。 じゃがいもと卵を混ぜ合わせるステップで、トマトも一緒に加えます。 脚注 [ ]• トルティージャ・デ・パタタスの材料 4人分 直径20cmフライパン1枚分の材料です。 じゃがいもが柔らかくなったらオイルを切って、もとのボウルへ戻します。 次に、同じく細切りしたタマネギをスチーマーに入れ、塩を少々とオリーブオイルをかけて、電子レンジで蒸します。
88

(3)を流し込み、周囲が少し固まりそうになったら、ざっくり2~3回かきまわす。

加熱不足は電子レンジで解消 もし、中身が半熟になってしまったときは、電子レンジで再加熱すれば大丈夫。

スペイン風オムレツの基本レシピを、簡単にアレンジ! スパニッシュオムレツとも呼ばれるスペイン風オムレツは、スペイン料理を代表する料理。

たっぷりのオイルで揚げ焼きにすることで、野菜の旨味と水分を閉じ込めて火の通りを均一にしてくれます。

作り方はまずボウルで卵をしっかり溶きほぐしたあと、火を通しておいた野菜に加えていきます。

生ハムは、短冊切りや小口切りにします。

他の材料と一緒にフライパンで加熱することで、チーズがとろけてオムレツ独特の風味がでます。

日本ののように、作る人によって様々な具材が使われる。

ジャガイモ、タマネギ、卵といった、いつでも家にある材料で気軽につくれ、しかもつくりおきもできて便利。

79