エヌ ボックス マイナーチェンジ 2019。 改良新型ホンダN

85
インテリアの収納形状を見直し、使い勝手を向上• 忙しい毎日を過ごすおじさん家政夫たちですが、どうやらヨシダさんがまた新しい情報を仕入れてきたみたいです…。 N-BOXの新モデルにも搭載されればm高速道路を走る時はかなり楽になると思いますよ。 。 ・ ブライトロッド スタイル:1950〜60年代のアメリカ雑貨や家電などをイメージ ・ ダイナー スタイル:カリフォルニアの道路沿いにあるダイナーレストランをイメージ ・ グライド スタイル:ハワイの空と海とビーチの砂、明るく爽やかなイメージ ・ セッション スタイル:古いジャズやブルースが演奏されるライブハウスをイメージ ・ トレッキングスタイル:冒険心を刺激する、軽やかなアウトドアイメージ ・ ダーク スタイル:都会的なドライブシーンをイメージ トレッキングスタイルとダーク スタイルは、マイナーチェンジにより随時追加となりました。 新型N-BOXスラッシュのエクステリアデザイン(外装) 【NEWスタイル】マイナーチェンジでダーク スタイルが追加 N-BOX SLASH G・L (ダーク スタイル) 今回のマイナーチェンジにより、N-BOX SLASH エヌボックス スラッシュ のインテリアに、都会的なドライブシーンをイメージした「ダーク スタイル」が追加となりました。 ナンバープレートの位置もバンパー中央に移されている。 N-BOXコーディネートスタイルでは、2トーンのボディカラーをブラウンルーフへ統一し、メッキドアハンドルに加え新たにディッシュホイールを追加。
7

シートバックテーブルの標準装備化• 2位はタントで12,340台、3位はホンダのN-WGNで8,059台である。

標準車はアイボリー系だったダッシュボードの下半分をダークブラウン調に変更。

N-BOXは、定評ある高い質感をさらに高めるべく、フロントグリルにクロームメッキが施され、ディテールまで上質に仕上げられています。

内装はダークブラウンに加えて、塗装加飾とシート表皮をブラウン色調とすること質感をアップ。

新型N-BOXスラッシュの特徴 N-BOX SLASH エヌボックス スラッシュ は、エクステリア、インテリア、カラーをトータルでコーディネートしている点が特徴です。

並み居るライバルのフルモデルチェンジにも屈することなく、20年もナンバー1の座が確実になっている。

ただしこれらの情報にかんして、フルモデルチェンジ1か月前くらいにならないとディーラーさんも断言できないということですから、もう少し待ちましょう! 停止時間が長くなくとも、全車速追従機能付きACCはかなりドライバーさんからの評価も高い機能です。

また、ショッピングモールなどの大規模駐車場に止めると、自分のN-BOXがどれなのかわからなくなってしまう、などの問題もあるそうです。

60