那覇 空港 pcr 検査。 那覇空港PCR検査を最大1000件に 知事、水際対策を強化へ(沖縄タイムス)

県が希望者を対象に那覇空港内でPCR検査を始めたのは2月。

沖縄県観光振興課によると、NAPPでは1日100件程度の検査をしており、通常、午前中に検体を採取した分は当日中に結果を連絡し、午後に採取した分は翌日に伝えている。

那覇市在住の50代男性は、20日午後に東京出張から帰り、那覇空港で予約していたPCR検査を受けようとしたが「機械が壊れた影響で、結果がいつ出るか分からない」と言われ、検査を断念した。

内では2千円で受けられる所もあり、県専門家会議は「検査費用をもっと安くすべきだ」と指摘する。

検査は午前9時~午後8時で、1日最大200人。

国公立大学の薬学部設置に向けて池間博則衛生薬務課薬務室長は「人口10万人当たりの薬剤師数は139. 玉城知事はNAPPについて「まずウイルスの侵入を防ぎ、医療への負担を軽減することができるとともに、県経済の着実な回復につなげていくことができる」と述べた。

どこにいてもしっかり対応する」と強調した。

国や県独自のが出ている地域から来る人の中から、インターネットで事前に予約した希望者の検査を受けつける。

5

(9)お問い合わせ:098-840-1337 【予約】 QRコード又は以下のリンクから専用サイトへアクセスし申し込みしてください。

予約サイトについては、「沖縄臨床検査センター」になっておりますが問題ございませんので、そのままお進みください。

羽田空港内検査センター 木下グループは、羽田空港第1,第2ターミナルにPCR検査センターを2021年4月1日開設しました。

午前中に検体を採取すれば当日で結果が判明します。

那覇空港は2021年2月3日 水 から3月末まで、やむを得ない事情で旅行前のPCR検査を受けずに沖縄に訪問した方を対象に、事前申込で有料のPCR検査を実施しています。

加藤氏との会談後、取材に応じた玉城知事が明らかにした。