ルイ 14 世。 【太陽王:ルイ14世】フランス絶対王政の全盛期を築いた国王

1610年にアンリ4世が暗殺されると嫡男のが即位した。 譲歩による講和を図ったウィットは兄のと共に不満を抱いた民衆に殺害され、代わってオラニエ公が権力を掌握する。 彼の功績は、植民地増加と海軍強化が主なものです。 こうして政治の中心はパリからヴェルサイユへと移り、王を頂点としたフランス絶対王政が確立しました。 ルネサンス期のフランスでは、上流階級の人々のあいだでは浣腸はとてもファッショナブルなことだと考えられていました。 このとを背景に「自然国境説」を唱えて, 1 (1667〜68), 2 (1672〜78), 3 (継承)戦争(1689〜97), 4 スペイン継承戦争(1701〜13)と,たび重なる外征を行った。 1667年、南ネーデルランド継承戦争による現ベルギー周辺の領土獲得に始まり、 「朕は国家なり(私自身が国家なのだ!)」 ここまでの言葉、どうして彼に言わしめることができたのか。 レオポルト1世もまたフェリペ3世の王女の子であり、フェリペ4世の王女の夫であった。
59

ルイ14世と摂政アンヌはバレ・ロワイヤルにいたのですが、民衆はもしかしたら国王とその母親もバリから逃走したのではないかと、バレ・ロワイヤルに侵入。

左から曾孫のブルターニュ公ルイと家庭教師、嫡男の王太子ルイ、ルイ14世、孫のブルゴーニュ公ルイ。

ルイ15世は曽祖父の遺言に従わず再び数々の戦争を行い、1774年に彼が崩御した時にはフランスの財政は破綻状態となり、そしての社会矛盾が表面化しつつあった。

モンテスパン侯爵夫人は名門貴族の出身で王妃の侍女を務めていた。

オラニエ公は堤防を決壊させて国土を泥沼に沈めて徹底抗戦の構えを示し、海軍もイギリス艦隊を破って制海権を維持した。

5歳にも満たない時に、父のルイ13世が亡くなったことで即位しました ルイ14世は母アンヌと王妃マリー・テレーズが、共にオーストリア・ハプスブルク家に嫁いだ王女より姉妹順で上であることが有利であった
翌に結ばれたによってを境界とするフランスとスペインの国境を確定、ルイ14世はスペイン王の王女(マリー・テレーズ)と婚約した そこには、貴族たちを堕落させ、ルイ14世の「絶対王政」に対抗出来ないようにするもくろみがあったようです
ルイ14世の墓にはこう刻まれているという …」 鹿島茂(著). [千葉治男] 親政開始 マザラン死後の1661年、王は親政を実現し、自ら定めた「王の仕事」に規則的に取り組んだ
しかし8月には三十年戦争スペイン軍と戦っていたフランス軍は、ランスの戦いで勝利 朝の起床の儀を逆にした形
彼は崩御の床に幼い王太子を呼び「私は多くの戦争をしたが、私の真似をしてはならない」と訓戒したという そして、ユグノー(フランス・プロテスタント)の弾圧に着手する
やはり無頓着で、アンリ4世は次の王となるべき長男に、ルイとつけた その翌日には、国政をつかさどる8人の大臣が任命され、ルイ14世の意向に従うことを約束させたのですよ
マザランは有能な政治家ではあったが、一方で貪欲なまでに私財を蓄える癖があり、財政逼迫によって苦しめられていたフランスの民衆も貴族もスペイン人の摂政太后とイタリア人(フランスに帰化はしていた)の枢機卿を憎んでいた イギリスとフランスの抗争は、アメリカ新大陸やインドにおける植民地戦争も並行して始まり、これによって両国の百年戦争終結以来の平和は破られ、1688年以降は第2次英仏百年戦争に突入した
ルイ13世は同性愛傾向が強かったともされている 私は人々を楽しませようとした
13