じゃ けん 方言。 方言「けん」の意味や使い方!語尾にけんをつける地域とは?

【使い方】「そんな持ちかたしたら、かやすで」 ・こさげる こびりついている物をはがそうとすること、でしょうか。 例:え! 具体的には、音の上では同じ「かける」という語で比較すると、「書く」の可能動詞は「書ける」であるが、これを「書けれる」(この場合「れ」は不要)と言い、可能動詞の無い「掛ける」についても「掛けれる」(この場合「ら」が必要)と言う、といったものである。 名詞の曲用 [ ] 岡山弁では、格助詞「は」「を」「に・へ」は前の名詞と融合して発音される。 共通語・・・「明日までにちゃんとやる」 と言ったでしょ? 「肥後のイッチョ残し」とも い いっちょん 一つも,少しも,全く イッチョン分からん(一つも分からない) イッチョン好かん(好きなところは一つもない) イッチョ(一つ)モが変化 い いっどき 同時,一緒に アンシトたちゃイッドキこらした(あの人たちは同時に来られた) 一時。 分け与えられたもの、わけまえ、わりあて。 東讃地域の高松方面では「けん」が使われて、丸亀より西の地域では「きん」が使われます。
86

美作地方では使用されない。

死の床にいる賢治の妹が、熱で渇いた喉を潤そうとして、 兄の賢治に「霙(みぞれ)を取ってきて」と頼みます。

ここでよくあるのが神奈川県・埼玉県・千葉県の東京都に隣接する3県の人は自分たちの言葉は完璧な標準語であると思い込んでいるケースです。

なんじゃかんじゃゆーても結局ゆーんじゃ。

他にも、「明日は仕事じゃけん、早く寝ないけん」(明日は仕事だから、早く寝ないといけない)と接続助詞として使ったり、「じゃけんさぁ」(だからさぁ)といったように単体での使い方もあります。

ちゃら字 - 見た目が汚い字。

83