滋賀 銀行 9 億 円 横領 事件。 滋賀銀行9億円横領事件 【愛した男に貢ぐためだけに】1300回にわたり9億円を横領した奥村彰子 気になる画像や現在、その後の人生は?

退学した理由は、奥村の父親が愛人を 作って家を出ていったことで母親が 男性不信になり、男女共学の高校に 通うことに反対したからなんだとか。 その後、彰子は山科支店へ転勤となり普通預金係として働く。 滋賀銀行9億円横領事件の犯人 奥村彰子のその後や判決 出所後は? 「滋賀銀行9億円横領事件」の犯人・奥村彰子が山県元次と再会し、横領に手を染め始めたのは、奥村が35歳で、山県が25歳のときだった。 定期の中途解約では追いつかなくなり、 架空名義を作り上げて100万単位で引き出し始めることに。 42歳というと、 当時の24歳という結婚適齢期をとっくに 過ぎていますので 美人行員の奥村彰子ですら 結婚のラストチャンスと焦っていた可能性もあります。 山県元次が運転するタクシーに 偶然乗り合わせた奥村彰子。 翌67年には、彰子はKさんと肉体関係持ってしまいます。 その頃、奥村彰子と運命の再会を果たします。
99
そこで、大竹章子に横領させていた恋人の阿部誠行なのですが、本名を明かさず、国際秘密警察員の石村という偽名を使ってだまし続けていました。 — 吉井 秀男 DQE03045 名前:奥村彰子 出身:大阪府北河内郡 生年月日:1930年12月 兄弟:3人姉妹の末っ子 奥村家は大阪から京都市左京区へ引っ越し、奥村彰子は1948年3月に市立堀川高女を卒業。 1981年6月に仮出所した奥村彰子は、出所後は逃亡先で同棲していた男性と結婚。 当時、下関の山県は奥村の男友達としてマスコミから注目を浴びていた。 売上金の納金をごまかし会社を転々としていた。 その額は延べで2億6000万円にのぼり、多いときには1日600万円を、山県元次の口座へ振り込んでいたということです。 女はさぞ辛かったのかというと、 たぶん、その時はそうでもなかったんじゃないかと思うわ。 この時、奥村は心中を覚悟したという。 。
99
奥村のお母さんは旦那様が不倫をしたの が原因で男性というものに不信感を抱い て、子供たちにもあまりかかわりを持た せないようにしていたみたいです。 16回ということにります。 固いだけの同僚とは全然違う。 横領していた金は交際中の男性に貢いでおり、 昭和50年7月20日に大竹章子は逮捕され懲役3年6ヶ月、交際相手の阿部誠行は詐欺などの容疑で懲役8年の刑に処されました。 彰子はこの日以来数回にわたり山県に電話をするも、山県は「年上の綺麗な女性にからかわれているだけだろう」と誘いを断りますが、そんな固い山県に余計にひかれる彰子。 10月21日、滋賀県警は偽名を使って大阪のアパートに潜伏していた奥村彰子を逮捕。
19