あかざ 過去 泣ける。 鬼滅の刃のあかざは実はいいやつ!?過去が泣けると話題に!

武術の師範・慶蔵に目をかけられ大恩人として尊敬する 江戸の大罪人として、流刑地に送られた先でも、狛治は喧嘩の日々を送ります。

しかし捕まれば厳罰をうけ、そのたびに腕に罪人としての 入れ墨を入れられていました。

そして猗窩座の繰り出す技の数々は師・慶蔵から教わった型に酷似しています。

道場にいた1人の 女中 じょちゅうの証言によるものでしたが、あまりの光景に正気を失っていたようです。

そして狛治は武術者の家に連れていかれました。

これで周囲の動きが遅く感じるようになり、アカザの首をはねることに成功しました。

狛治は大人7人がかりでも押さえつけることができないほどの強さを持っていましたが、慶蔵と手合わせした際には、その場を動くことなく素手で倒され、目が覚めた時にはは慶蔵の道場にいたのです。

その師範には病持ちの娘がいて、その娘の看病を任されました。

死亡したキャラクターの中でも、やはり炎柱・煉獄杏寿郎さんがすぐに殺されるという展開は衝撃でしたよね。

貧しさのため、父の薬をまともに買うことのできなかった狛治は、 父の薬の代金のためにスリに手を染めていきます。

鬼が出たとの騒ぎを聞いて町にやって来たのです。

やはり、 感動し涙を流したという声が多いようですね。

ただの脳筋ではない! 単に武術に特化したものだけでなく、 であり、破壊殺・羅針を初め、戦闘をより優位に持っていく技が多組みられます。

そして、狛治は慶蔵に呼び出され、恋雪との結婚を勧められます。

「何も守れなかった、妄言ばっかり」って自嘲する狛治だけど、何気ない一言で罪悪感いっぱいの恋雪に「生きよう、生きたい」って意志を芽生えさせてる。

この時、猗窩座は祝言の報告に父親の墓参りに…。

猗窩座 あかざ は父が自分のせいで亡くなってしまい自暴自棄になり、暴力行為を繰り返してしまいます。

74

わかるーーーー😫!あかざ!あんなに憎んでたのにぃ!鬼まで推せる鬼滅本当凄いよな。

それは悲しみに満ちた 悲痛な過去。

狛治は病気の父に薬や栄養のあるものを食べさせるため、スリなどの犯罪行為を繰り返していました。

鬼の不死性を自身を鍛えるための時間として無限に費やしていることから絶大な戦闘力を誇っていて、その結果100年以上も上弦の地位を不動のものにしており、鬼殺隊の剣士や多くの柱を葬ってきました。

血鬼術の技名の由来は全て花火。

何度も捕まって拷問のような刑罰を受けても「父親のためなら死んでもいい」と言って盗みを辞めません。

毒を盛った犯人のいる剣道道場を襲撃し、 素手で六十七名を殺害しました。

もうすべてがどうもいいと思ってしまった 狛治は 鬼になり、 猗窩座として生きていくことを決めたのです! Sponsored Link まとめ : 鬼滅の刃の猗窩座 あかざ の過去がかわいそうで泣ける! 鬼滅の刃に出てくる 鬼にも色々な 過去があり、凄く悲しい過去を持った人間が 鬼になってしまうことが沢山あって かわいそうです。

鬼滅の刃 猗窩座 あかざ の過去が泣ける! 鬼滅の刃に登場する 鬼・ 猗窩座( あかざ )は、あの 鬼舞辻無惨が選別した直属の精鋭集団 十二鬼月の 上弦の参を預かる鬼です。

87