踊る 大 捜査 線。 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

資格・柔道三段 特技・剣道(甲本本人は四段である)、合気道、空手、ボクシング、短距離走、バドミントン テレビシリーズ第1話から登場。

監督 - ()• 当時の声紋が真下の携帯電話に掛かってくる「弾丸ライナー」のものと一致するが、羽田本人は釈放後間もなく1996年5月27日に交通事故で死亡し家族が死亡を確認しているという。

制作プロダクション - ROBOT• 署長、副所長、刑事課長からなるスリーアミーゴス。

柏田郁夫に金を渡して恋人(というよりヒモ)である橋本正史を焼き殺そうとする。

連続ドラマ [ ] 第1話 [ ] 田中文夫 演 - 保険会社「港南保険」の営業担当。

95
ただ、母親が青島を刺したのは全くの予想外だった模様 第10-11話 [ ] 安西昭次 演 - テレビシリーズ第10話、第11話に登場
第一審で死刑判決を受けたが不服として控訴し、『THE MOVIE2』の時点では高等裁判所で審理中 製作 - 、永田芳男• 同人はその10年ほど前に前の妻を亡くしており、この結婚は再婚である
(警視庁湾岸警察署刑事課盗犯係主任・) -• 結果として、これまでに無い刑事ドラマとして警察機構の内部を描く様な物語にシフトチェンジがなされ、青島とすみれを中心に展開していく様になっていったのです 演者であるは『』の撮影終了直後の2012年5月16日にに入ったため、彼が生前演じた最後の役柄となった
テレビシリーズ第1話に登場 常に鉄面皮で感情を出す事が無く、栗山と共に「自分が何をすればいいのかがわからない」状態で日々を無為に過ごしていた
常に変化する現場の状況を全く想定していない指示しか出せないことなどから現場経験がないことがわかる 沖田仁美が同事件を捜査している際に灰島と偶然出会い、灰島から得たヒントにより三度逮捕された
すみれが刑事でもかまわないと言って腕時計をプレゼントとして渡そうとするが、振られて返されてしまう 『THE MOVIE3』においてはその生き方を和久平八郎より警官としての誇りを引き継ぎ生きる青島によって「誇りの無い生き方」であると否定され、自殺を阻止され再逮捕される
『』では警察庁次長として登場し、再度室井を利用して、の座をめぐり警視庁の安住副総監と対立する 『』のザ・シネマハスラー・シネマランキング2012<リスナー部門・ワースト作品>対象52作品中ワースト1位 ストーリー 2012年12月21日
20
『歳末特別警戒スペシャル』からSATの部隊長として初登場、犯人が立てこもる湾岸署刑事課に突入し、被疑者の鏡恭一()を制圧、拘束する(身柄確保は湾岸署員) )から平成9年12月には再び地域課に戻る
また、TTRの車両として主にのが登場するが、カラーリングは一緒でマークだけが異なり、さらに10両編成にされている(実車は4両) 万引きの理由は「お金がない」 からである
河原崎宗太 演 - 湾岸署内窃盗事件の犯人(ただしは盗んでいない) 魚好きで、情報提供の見返りに和久から希少な魚の図鑑を受け取り、目を輝かせる
本籍・出身地・東京都 現場と上層部の調整役を任務とすると評されるが、現場よりも実質上層部・本庁側の人間であり、本人も上層部・本庁の意思を最優先に行動しているフシがあった 盗犯係 [ ] スリ、置き引きなどの担当
強盗 演 - 青島たちが立ち寄ったドライブインを襲った2人組の強盗の兄貴分 東京消防庁予防部 主任火災調査官 演 - 放火現場で青島と敵対
湾岸署管内で起きた猟奇殺人事件の犯人 隠し映像『広報人 矢野君一』• 青島と共に独自の判断で被疑者確保に奔走した
階級は警視 色々なレジャー施設が建ち並んだ今、人気がないのは いったい何の皮肉なんでしょう
一方、捜査本部を率いる室井は、本庁・所轄問わずに集められた情報から事件の真相へと近づいていく ある事件に巻き込まれた夏美を救うために獅子奮迅の活躍を見せた後は、夏美とも和解した
誘拐事件の身代金五千万を警察庁の公費で出してくださいと言う 配給 - 備考• 『THE MOVIE3』にもヤツら(同作での犯人が解放させることを要求したかつて青島が逮捕した9人の犯罪者たち)の1人として写真のみ登場
48