ケトプロフェン テープ 40mg。 ケトプロフェンテープ40mg「杏林」

関節リウマチに対する本剤による治療は対症療法であるので、抗リウマチ薬等による適切な治療が行われ、なお関節に痛みの残る患者のみに使用する プロスタグランジンは、体内でシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素を利用することで産生されますが、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs はシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することでプロスタグランジンの生成を抑えることで解熱鎮痛作用を発揮します
【ケトプロフェンテープ「東光」】 製剤の物性:粘着力試験(ボールタック法): 清浄なスチールボール(No. 腰痛症の鎮痛• 慎重投与 気管支喘息のある患者[アスピリン喘息患者が潜在している恐れがある] 保管上の注意 遮光した気密容器
ケトプロフェンテープ40mg「杏林」の用途• 2).光線過敏症を発現することがあるので、使用中は天候にかかわらず、戸外の活動を避けるとともに、日常の外出時も、本剤貼付部を衣服、サポーター等で遮光する 外傷後の 疼痛の消炎• 外傷後の 疼痛の消炎• 4.光線過敏症の既往歴のある患者[光線過敏症を誘発する恐れがある]
ケトプロフェンテープ40mg「杏林」に関連する病気 関連する可能性がある病気です 光線過敏症の既往歴のある患者[光線過敏症を誘発する恐れがある]
4 以上)をころがすとき、スチールボールは粘着面で停止する (50歳代病院勤務医、消化器外科)• (小児等への使用) 低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)
関節リウマチの関節局所の鎮痛• 変形性 脊椎症の消炎• (相互作用) 併用注意:メトトレキサート[メトトレキサートとケトプロフェン経口剤の併用によりメトトレキサートの作用が増強されることがある(ケトプロフェンとメトトレキサートを併用した場合、メトトレキサートの腎排泄が阻害されることが報告されている)] 記載されている副作用が必ず発生するものではありません
関節痛や筋肉痛などを治療したり、による痛みをやわらげるお薬です 関節の構成要素が変性して軟骨の破壊と骨、軟骨の増殖性変化を伴い痛みが伴います
の鎮痛• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です 外傷後の腫脹の消炎• 関節リウマチに対する本剤による治療は対症療法であるので、抗リウマチ薬等による適切な治療が行われ、なお関節に痛みの残る患者のみに使用すること
57
)が一般名処方されている場合に算定できる。 1日1回患部に貼付する ケトプロフェンテープ40mg「杏林」の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 外傷後の 腫脹の消炎• 皮膚症状も重篤になると治癒するのに時間がかかってしまうので製品を使用しても症状が続く場合や副作用と思われる症状が起きた場合には使用している薬剤を中止して病院へ受診しましょう。 準先発 昭和42年以前に承認・薬価収載された医薬品のうち、薬価差のある後発医薬品があるもの 準先発品:内用薬及び外用薬 診療報酬において加算等の算定対象とはならない。 2.アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある患者[喘息発作を誘発する恐れがある]。 本剤による治療は対症療法であるので、症状に応じて薬物療法以外の療法も考慮すること。 3.チアプロフェン酸に対して過敏症、スプロフェンに対して過敏症、フェノフィブラートに対して過敏症並びにオキシベンゾンを含有する製品に対して過敏症及びオクトクリレンを含有する製品に対して過敏症(サンスクリーン、香水等)の既往歴のある患者[これらの成分に対して過敏症の既往歴のある患者では、本剤に対しても過敏症を示す恐れがある]。