ニック 尾形。 【龍が如く7】「ニック・尾形(社員)」の入手方法と性能【会社経営】

結局は彼のやっている事は 社会的に悪と見做されている弱者を攻撃する事で優越感を得ようとする弱い者イジメに過ぎない、だからなんてなのである。

終盤で釈放され、のを通じての 陽銘連合会に報復せず五分の盃を交わすことをと冴に告げる。

その後、ジングォン派の構成員が襲撃してきたことでその場から逃げ出すが、襲撃前に桐生らの前で全てを明かしたことで用済みとなり、最後は海岸まで逃げたところで広瀬によって射殺された。

実は寿司やカラオケを好む親日家だった。

また、他のどの組織からも中立を貫いており、近江連合とも過去に何度か抗争をしている。

1980年当時の神室町における真拳派のボスで、鄭秀淵の夫であり、郷田龍司の実父でもある。

その後、最後の戦いではその真実を明かす事なく大勢の手下と共に桐生や南雲を相手に戦うも敗北する。

海外組織 [ ] 蛇華 [ ] 『1』から登場した中国に本部を置いて一帯を取り仕切っている中国系マフィア組織。

元々は看護師だったが、病院の薬を横流していたことから看護師免許を剥奪された。

戦闘では本物のハン・ジュンギ同様のボクシングを主体としながらもを装着して戦う他、二挺拳銃による射撃や刃物、薬品といった武器を使用した攻撃も駆使する。

3
コミジュル [ ] 『7』に登場した韓国系マフィア 小清水組 [ ] 小清水 寛治(こしみず かんじ) 声 - 『6』に登場した陽銘連合会若頭で、直系小清水組組長
俺ぁ、ずっとこんな日を待ってました 実父は近江連合に所属する極道で、実母や他の女性に暴行を加え、更には少年時代の冴島に3000万円を要求するなど傍若無人な人間であることが明かされている
事件終結後は捜査一課に配属される 『7』では、数々の抗争・壊滅で生き残った残党「はぐれジングォン派」が、横浜・伊勢佐木異人町に流れ着き、そこで横浜星龍会や横浜流氓と渡り合うために、新たな組織「コミジュル」を結成している
また、コーヒー好きであり、モカを最も好む 抜け道を駆使してハンに追い付き、事情を聞くと銀行強盗を自供し、子供がヤクザによって人質に取られていることが判明
その後は馬淵が起こしたクーデターにより馬淵側に付き、「慶錦飯店」に向かおうとした春日達に再三挑むも敗れ、最終的には馬淵と共に異人町から姿を消した また、サブストーリーでは20年前の事件において誤認逮捕をして釈放させてやることが出来ずに獄中で自殺してしまった久住への遺憾の念と罪滅ぼしから施設に送られた久住の息子である隆史に送金していることや本名を名乗っては「父親を誤認逮捕した刑事」と疎まれて受け取りを拒否されると思って「社会貢献が趣味の資産家・山田」という偽名で送金していること、弁護士を目指して司法試験に合格するまで送金しようと決めていたことが判明し、そんな中で「高級外車に傷を付けてしまい修理費100万円が必要で用立てて欲しい」という手紙を受け取るが、春日の助言により詐欺だと睨んだ
内容は、刑期が延びなければ今頃は盛大に迎え入れていた、それが叶わずに寂しい想いをしているというものだった エド 声 - 祭汪会の幹部で、巨漢にスキンヘッド、サングラスがトレードマークのビッグ・ロウの親戚
龍が如く7の世界では、警視庁による「神室町3K作戦」の後に消息不明になっている (かまたき えり) 一番製菓の社長
その後はアジトで捕らえたブリーチジャパン代表・小笠原肇を尋問に掛けるためホームレス街へと連れ出す際、ハンと共に同行した 青木から ヤクザの息子 真斗 から金を受け取らなくても、知事である青木からは賄賂を受け取れる事と 自分に従わらずにえない立場に嘲笑されている 本人曰く「 立場上、贈り物は相手と中身と理由を選ばないといけない」
今作の大きな特徴として、前作までの主人公「桐生一馬」に代わって「春日一番」が今作の主人公となっている点である 春日は真斗を若と慕い、その日も真斗が行きつけのキャバクラに同伴し世話をしていた
足立 宏一(あだち こういち) 声 - 元・神奈川県警刑事 戦闘ではドスを使用し、『極』では主人公達に似たドス捌きで戦う
89 34