檄 を 飛ばす。 「檄を飛ばす」と「活を入れる」は同じ意味じゃないの?間違いやすい言葉を紹介! |ナンスカ

引用元:より 「 檄」とは、中国や日本の古代に使われていた文書の一つのかたちです。

漢字も間違いやすい 「 檄を飛ばす」と「 活を入れる」、それぞれ意味を間違いやすいまぎらわしい言葉なのですが、さらにこの 2 つの言葉を間違いやすくさせている要素があります。

この「飛檄」を訓読みで表記したものが「檄を飛ばす」なのです。

古代中国で、招集や説諭 悪いことを改めるよう教えさとすこと のための文書であり、実際に木札用いて書かれたといいます。

相手が一人のときに「檄を飛ばす」が使えないわけではありませんが、言葉が持つ「主張を知らせて同意を得る」という目的が、やや複数名をイメージさせることから、相手が一人の場合には「知らせる」「伝える」などが使われています。

「激を飛ばす」は三国志でも登場 「檄を飛ばす」は三国志でも使われており、董卓(読み方:とうたく)という悪人を倒すために、曹操(読み方:そうそう)が各地の英雄に共に戦うよう助けを求めて手紙を送る場面があります。

40

今では、おもに「2」の意味で「檄」を使っています。

半数以上が「激励」の意味で使っている しかし、文化庁のでは、「檄を飛ばす」を「激励」の意味で使っている人が67. 「檄を飛ばす」の正しい意味は「自分の主張を人々に伝えて同意を求める。

檄文 「檄文」も「檄を飛ばす」と同等の意味を持つ言葉です。

ではいよいよ、正解発表です。

1970年11月25日、陸上自衛隊の市ヶ谷駐屯地で割腹自殺した作家の三島由紀夫 みしまゆきお の訴えを記した文章は、まさに「檄文」のわかりやすい例です。

これらはすべて「激励」の意味があり、適切な表現です。

番組の制作上、漢字を使う必要がある場合にはルビを振って漢字を使うこともあります。

さて、ここで「檄」という漢字に注目します。

」と後輩の 尻を叩いた。

多少ニュアンスは異なりますが、いずれも「自分の意見を広く伝えて、賛同を求める」という趣旨に変わりはありません。

45