ノート パソコン デュアル ディスプレイ。 ノートパソコンに外部ディスプレイを接続する パソコン初心者講座

自動的にWindows OSがディスプレイを認識し、外部ディスプレイが利用可能になるはずだ。 ノートパソコン(ノートPC)のモニター単独で行なうよりも作業が行ないやすいです。 マルチディスプレイの場合 一方複数ディスプレイの場合、2台または3台の画面で作業することができる。 4Kディスプレイで画面分割しながらの作業画面はこんな感じ。 ・HDMI入力端子付きのノートパソコンを使う HDMI入力端子付きのノートパソコンであれば、HDIMI端子の接続によりモニター化することも出来ます。 「システム」をクリックします。

接続部がピンになっており、ピン数が15のものはVGAと呼ばれています。

(2)[デスクトップをこのモニタ上で移動できるようにする]をチェックし、[適用]ボタンをクリックすると、モニタ2が表示される。

会社でプレゼンをするときなどに、自分はノートパソコンを操作して、大画面の追加ディスプレイをプレゼンの相手側から見やすいようにしておけば、効率的にプレゼンを行うことができます。

液晶ディスプレイに電源ケーブルとHDMIケーブルを接続します。

2台のディスプレイを利用できれば作業スペースが広くなるため、いろいろな作業を効率よく進めることができます。

9