しゅ が ー る。 超、リモートねもしゅー

小学校時代に学級委員長や器楽クラブの部長を、中学校時代に合唱コンクールでの指揮者を務めるなど、「人前に立ち、目立つポジションに身を置くこと」「みんなを笑顔にすること」「何かに一生懸命取り組むこと」が好きな子どもであったという。

『日経エンタテイメント アニメスペシャル 声優バイブル2018』、72頁-74頁。

23、91頁-93頁。

(デビューから3年経った現在でも、)ステージではあまり緊張しないけど、アフレコでは緊張してしまう」 と述べている。

、 2020年7月27日閲覧。

、 2016年11月18日閲覧。

Aqoursの楽曲の中でも特に大切にしている楽曲として、『』(自身のセンター曲) を挙げている。

人一倍の頑張り屋さん」 、は「一見すると妹っぽいけど、本当はしっかり者。

2018年1月のインタビューでは、「(曜ちゃんに)なりきるというか、Aqoursとして活動しているときは、自分の中では『渡辺曜』なんです。

(2020年7月1日 - 、) テレビ• なお、Aqoursのメンバーでは最年少になる。

6

渡辺曜としてあの場所に立っているときは、渡辺曜として生きようという気持ちが心の底から湧き出る感覚が、自分の中ではあるので」 と述べている。

オーディションに受かったときは、「歌やダンスを仕事にできる」ことで「すごく大きな目標を達成した」感覚になったことから、嬉しくて泣いてしまったという。

2月にAqoursとして初めての(横浜アリーナ)に出演。

なお、ダンスは母の勧めで始めたとのことだが、母からは「とヒップホップダンス、どっちがいい?」と聞かれて、ヒップホップダンスの体験レッスンに参加した。

また、ステージについても、「ステージに立っているときが、自分が最も輝いているとき」「物欲よりもステージ。

81
また、自身にとっての「渡辺曜」の存在については「パートナーであり、我が子のような存在」 「生涯を共にするレベルの存在 ヘラヴィー@ドールズオーダー(ローエングリン)• 3月、ダンスチャンネル「ハロプロダンス学園」でナレーションに初挑戦
」、2020年9月号-) その他コンテンツ• また、活動の過程で「日常のふとした瞬間に別れがあることに気付いた そのため、声優になったことは「自分の人生の中で最も不思議なこと」であったという
月刊ザテレビジョン(「しゅか書店」、2018年2月号-2020年8月号)• 自身にとってのAqoursは「高校生活をもう一度過ごしている感覚」 「ライバルである以上に、刺激や成長をもらえるいい仲間」 「目指す目的地を共有できていて、失敗を恐れずに突っ走っていける、疾走感のあるグループ」 と述べている (2020年、 サザンカ〈 真山亜茶花〉 ) ゲーム 2016年• 自身の性格について、前述の「負けず嫌い」 の他に、「自由人」 「天真爛漫」 「甘えん坊キャラ」 「さばさばしている」 「人見知りしない」 「悩みを一人で抱え込んでしまう」 ことを挙げている
( 渡辺曜)• 「」 2017年5月-、吉本美希) ナレーション• 7月、『ラブライブ!サンシャイン! Aqoursの活動を始めてからは、渡辺曜に近い短めの髪型になっているが、それ以前は小学5年生以来ずっとロングヘアであった 程なくして自身のTwitterを開設する
園児役はなんとお客さん!事前募集したファンの方々の声を重ねて表現している合唱シーンは必見です! お気に召したら是非「#根本リモートで劇をやる」で感想ツイートしていただけたら嬉しいです! 【作・演出】 根本宗子 【キャスト】 根本宗子 椙山さと美 安川まり ゆっきゅん 【劇中楽曲】 小春(チャラン・ポ・ランタン) この度、根本宗子の超、リモートねもしゅー「あの子と旅行行きたくない グラビア活動の機会もあり、特に『』では4回(うち表紙が2回)取り上げられている
自身の活動姿勢について、「努力は人を裏切らない」を大切にしているとした上で、「努力はして当たり前、人に見せるものではないと思っている」と述べている 外部リンク• Aqoursとして 自身が人生で初めて購入したアニメのグッズが、『』()のグッズであったという
4、66頁-69頁 8月、「」(通称「アニサマ」
10月、『ラブライブ!サンシャイン! 高校2年生のとき、「歌って踊れるアーティスト」を目指すようになり、ヒップホップダンスと並行してボイストレーニングのレッスンに通うようになる (メメ・カザミドリ)• その一方で、「ライバルは自分自身」と思っているとのことであり、それが周りの人間から「真面目」と思われることが多い理由の一つかもしれないとも述べている