ドレーン。 ドレーン管理【いまさら聞けない看護技術】

ドレーン挿入部周辺の 腫脹• ドレナージの効果は大きいが、逆行性感染の危険性が高くなる。 <開放式ドレナージ> 腹圧や毛細管現象を利用した排液法で、ドレーンが体表から3~4cm出た状態で外界に開放されています。 逆に気管切開のように,開口部が大きくて深部臓器 (=気管)への距離が全くない切開創部は皮膚常在菌の侵入がしやすいことになる。 挿入部の観察• バイタルサイン(血圧、脈拍、体温など) まとめ このように、胸腔ドレーンの管理や取扱いは非常にシビアなものとなっています。 開放式ドレーンの場合、逆行性感染を起こす可能性がある• 大気吸引口先端から持続的に気泡が出るまで吸引圧を調整します。 浸出液貯留防止 また、看護の視点で考える「ドレーン管理の看護目標」は以下のようなポイントが考えられます。
96

【排液量が急に減った時】 ドレーンの詰まり、曲がり、ねじれ、折れなどを確認する ドレーンの詰まりがある場合は、必要に応じてミルキングを行う 排液の性状の変化• 挿入部にドレッシングを行い、固定用テープで固定する• 常に圧を下界より低く保っていなければ呼吸障害が現れることがあるため、綿密な準備や管理が必要。

【関連記事】 排液のアセスメント 排液量や性状はドレーンの挿入部位によって違いがあるため、正常な排液はどのようなものかを知っておきましょう。

胸腔内に液体が貯留して肺を圧排するの場合には、肺底部付近(中腋窩線上の第五~六肋間)に挿入する。

この刺入人工物を大きく二つに分けると, 「チューブ状の物」と 「内腔がない物」になる。

排液の性状に変化はないか• 通常、 淡黄色になった時点の術後3~5日目でドレーン抜去となります。

【膿瘍】 膿胸合併の可能性を疑う 胸水の場合• 固定糸を切断する• ドレナージ圧を調節しやすい• 別に根ほり葉ほり聞かなくたって、ラウンドの最後に「何か困っていることはないですか?」って聞くだけで、患者にとって言いにくい「お願い」が、言いやすい関わりに変わります。

バイタルサインの観察• 水封室内には水位2cmほどの水が入っており、呼吸によって水位が上下します。

浅い知識が患者さんの命を危険に晒すことになりかねないため、分からないことがあれば先輩看護師や知りたい看護師に尋ね、教えてくれない場合には当ページを参考にして、胸腔ドレーンに関しての知識を深めていってください。

53