遊戯王 ルール ブック。 エキスパートルール 生け贄召喚の導入とOCG最初の制限改訂

モンスター効果(起動効果)を、召喚・反転召喚・特殊召喚直後に優先権を使って発動することが出来なくなった。

『』 公開の3D映画。

ペンデュラム・リンクモンスターはまずここに置かなければならない。 再度価格の掲載があるまではお値段についてのお問い合わせにはお答え致しかねますのでご了承ください。 イラスト(共)(カード中央) カード一つ一つの世界観をしたもの。 「マスタールール」を変更した物。 『GX』から『VRAINS』までは『デュエルモンスターズ』と同じくNAS制作、アニメーション制作は。
また、メインデッキが0枚になり、さらにカードをドローする時にカードを引けないプレイヤーは、「 デッキ切れ」となりデュエルに敗北する。 リンク リンクモンスターにのみ記載されている。 のちのテレビ東京系列で放送された作品群とはまったく関連性をもたない。 カードゲームの案は木多だという [ ]。 この呼称は作中では使われず、ゲーム版において初めて使われたものである。
演出ではあるが眼の刻印からは光線が発射される。 恐らく当時のルール改訂で最も強化されたカードの一つであり、 「同じ下級モンスターに突破されない」という事実が何倍もの意味を持つようになりました。 このような単語はルール上は存在せず、テキストから全く読み取れない効果である。 「アームド・ドラゴン・サンダー」モンスターをメインにしてデッキを動かしていく都合上、「アームド・ドラゴン・サンダー」モンスターは出来るだけ多く採用することになります。 だが、大会がいよいよ終幕に近づいたとき、マリクに宿っていた邪悪な人格が目覚めたことで事態は急変する。