内閣 府 ムーン ショット。 ムーンショット目標決定のお知らせ

問合せ先 内閣府政策統括官(科学技術・イノベーション担当)ImPACT室 足海、山本 電話 :03-6257-1339(直通). この作品には人工知能は登場しませんが、テクノロジーによって人々は感性までも管理されています。
現在はまさにSociety 4. ムーンショットとは「従来の延長にない、より大胆な発想に基づく挑戦的な研究開発」とかで、関係省庁が協力して研究を推進しようとするもの 何故5. 他にも、海外旅行の疑似体験もVRで可能になるでしょう
あらゆる未解決だった問題が高速で解かれていきます こういうものが全体でどの様に生産されて排出されて、それらがきちんと回収されるのか
そして、子どもの時から徹底した洗脳教育が施され、階級制度で成り立つ社会に疑問を持たないように育てられます 災害時の人命救助から復旧までを自律的に行うAIロボットシステムを構築し、人が快適に暮らせる環境をいつでも迅速に取り戻すことができる社会を実現する
出典:内閣府 内閣府の資料にある上の絵のように、身体と機械を融合させることで、人間の限界を超えるほどの身体能力を獲得したり、ロボットの遠隔操作によって空間と時間の制約を超えた活動を実現させることが狙いだと考えられます しかし、人間の心を変えることなくして、人工知能だけで問題を解決しようというのは根本的な解決にはならないと思います
調べてみると奥が深くて面白いですよ ムーンショット目標5:地球の再起 化学肥料を無くした気候変動に適した植物 「目標1:2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現 目標2:2050年までに、超早期に疾患の予測・予防をすることができる社会を実現 目標3:2050年までに、AIとロボットの共進化により、自ら学習・行動し人と共生するロボットを実現 目標4:2050年までに、地球環境再生に向けた持続可能な資源循環を実現 目標5:2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出 目標6:2050年までに、経済・産業・安全保障を飛躍的に発展させる耐性型汎用量子コンピュータを実現」
2050年までに、複数の人が遠隔操作する多数のアバターとロボットを組み合わせることによって、大規模で複雑なタスクを実行するための技術を開発し、その運用等に必要な基盤を構築する 0」の推進~ 2.SDGsを原動力とした地方創生,強靱かつ環境に優しい魅力的なまちづくり 3.SDGsの担い手としての次世代・女性のエンパワーメント が掲げられています
関暁夫氏によると、そのマイクロチップを脳内に入れることで、精神や意識さえもクラウド上にアップロードすることができ、それをコンピューターにインストールすることで、デジタル人格を持った人工知能ができるといいます ドナルド・トランプさんは、おそらく3月にも、公に姿を現わすでしょうし マッカーサーJrさんの記事からわかります 、世界は大きく変わっていくことでしょう
目標5 2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出 ・2050年までに、微生物や昆虫等の生物機能をフル活用し、完全資源循環型の食料生産システムを開発する 0を実現できるように目標が立てられています
国境とか自分が何者なのかなどは無くなっていくことになるので完璧にグローバリズムの影響受けてますね 何気にこの目標6の開発が進まないと、このムーンショット目標全体の進行もまた遅れを来たすという重要技術となっています
75

超簡単にいうと人々を奮い立たせて、信憑性があり、人類の進化に繋がることが大事だと言ったんです。

注:サイバネティック・アバターは、身代わりとしてのロボットや3D映像等を示すアバターに加えて、人の身体的能力、認知能力及び知覚能力を拡張するICT技術やロボット技術を含む概念。

内閣府が打ち出したSFみたいな世界を実現するために各業界の優秀な人を募り、実験と研究をするプロジェクトなんです。

そこに国家から予算が割り当てられて成功すると月面着陸みたいな技術の進化と共に人類が進化したとなるわけです。

そうは言っても、じゃあ世界の公害をこのまま放置して良いのか?という視点でも捉え直すことがとても大事です。