進化 ロイヤル。 進化ロイヤルの組み方|Nekoft|note

そこで、自分なりに進化ロイヤルというものを組んでみたのですが、いまいち勝率が芳しくありませんでした。

テンプレミッドロ以外の全てのロイヤルに言えることですが。

私も上手く使えてないんで適当なこと言ってますが、応援してます!. いずれも進化回数が増えれば強くなるカードです デッキの組み方 この記事では自分がデッキを組む時に意識していることをロイヤルをもとに紹介します
信念の剣閃 より殺意を高めたい人向けです それなりに耐えて盤面で勝つデッキにしているので今回は不採用でした• 月の刃・リオード 2Tからボードを作るとしての役割はあまり持ちませんが潜伏がとにかく強く、先5にヤヴンハール、分身 リオード進化で3回進化を稼ぐなどの動きがとても強いです 進化時効果持ちとかもいるし
Lv235 ゼウス以外の相手の顔に打点を入れるフォロワーやプランが足りてないのだと思います 盤面を取ってその余力で顔に打点を入れるか、疾走と合わせて顔に打点を入れるかした上で、ゼウスのリーサルラインが意味を強く持つと思います 私の予想では、主さんのデッキプランは盤面を守っている間に進化回数が上がり、ゼウスでリーサルをとると言う形なのだと思います それが芳しく無いのは10ターン目にリーサルを取れるラインまで相手の体力を減らすことが出来ないか、ゼウスのための進化回数が足りないかだと思います 進化回数を平均して上げるのはリーサルターンの関係から構築上難しいのでは無いかと思いますので、リーサルラインの引き下げを行う盤面の取り方や攻撃的なカード 疾走など を組み合わせるのが良いかも知れません エアプのライトユーザーより 失礼しました Lv79 進化軸ってそもそも手札消費のそこそこ多いコンボデッキだから、アイテールしかドロソがないロイヤルじゃ厳しいってのはあると思うんです デッキのコンセプトをガラッと変えることもあるのでその場合はStep1から見直すといいです
以前アディショナル前の妖怪ネクロについて記事を書かせていただきました ではまた. あとは5枚…ではなく、他に自動進化できるフォロワーがいないか、進化回数によって恩恵を受けられるフォロワーがいないか探してみます
進化ロイヤルは連携ギミックや進化回数ギミックを絡めながらボードを強くしていき、10ターン目を迎えて世界猛虎での20点リーサルを狙うのが勝ち筋のデッキとなっています 連携ギミックの達成を助ける序盤の駒です
これがあまり発動しないため忘れがちの方が多いのですが物凄く強い効果なのです だからといって温存するとかではないです 採用理由: 無敗の剣聖・カゲミツ 進化ロイヤルと言ったらこのカードといっても過言ではないカードです
パッと見てみると無料進化も自動進化も進化権なしで進化出来てるから強いじゃんと思えますがそうでは無いんです 最近2枚採用が一般的になったカードだと思います
主にゲルトと組み合わせて使うことを想定していて、デッキ圧縮から自分のやりたい動きを通しやすくするための採用となっています このデッキの3種類の指揮官はどれも引かないとゲームが成立しないレベルの必須カードになっています
まず最初に自分が今使っている構築を貼っておきます 基本型(確定枠+補助枠13枚(安定5+上振れ5+除去3)+メタカード2) デッキの安定感を保ちつつ上振れ要素しっかり含んだオーソドックスな構成です
また、9月末にはリバースオブグローリーがローテ落ちするので、エンジェルシュート、栄光のフロントガードジェネラル、至高神・ゼウスが使えなくなります 確定枠でもよいカードですが、その役割の分類として今回はこちらに入れました
33

貴族の舞踏とゼウスを入れて14枚になりました。

Step3:メタカードの採用(1-3枚程度) 最後に環境ではやっているデッキに対するメタカードの採用を検討します。

エミリアを採用するなら必須のカードで、 デッキを回し自分のやりたい動きを安定的にするために採用しています。

なので採用しています。

見切れはクイブレレイピア3枚づつです、EPがあまりがちなのとあまりいい動きが無かったのでオリヴィエは抜きました。

連携カウントを稼ぐことや、選択不可の守護で強固な盤面を作れるのが優秀です 序盤の盤面を有利に作るフォロワーとして、中盤の押し込みで早期決着を狙う際のフィニッシャーとして、また最後のゼルガ猛虎の補助として使うことができ、 序盤から終盤まで隙無く使うことができるので採用しています
に進化を切ることで、回復+守護で状況を立て直しつつ連携を4稼ぐことができる 来年の3月末までは使えます
自分は二枚採用基本でやっています 思わぬ躓きとエンジェルシュートを入れてこれで35枚になりました
もうすぐRAGE GFで今季の集大成が見られるのが楽しみです 下の簡略化したステップに沿ってデッキを作っていきます
オースレスの良いところは6ターン目アルヤスカオネストを達成しやすいことです オクトー&シエテのコンボ の奥義を発動させることで、自身のロイヤル・フォロワーのコストを下げることができる
後攻時にキープ 後攻は進化フォロワーをキープ 後攻であれば、先述の低コストフォロワーに加えて進化時効果を持ったフォロワーを優先してキープしていきたい 流麗なる槍術士 効果は強いのですが、今までエミリア以外に強い指揮官がおらず強く使えていなかったカードです アルヤスカがかなり綺麗に収まったのでこちらも晴れて採用です• こちらも序盤に引いたときに手札で腐るということに注意しないといけません
シャドウバース攻略の他の記事 ローテーションのデッキ ローテーションのTier上位デッキ. 堕落の決意(除去+微上振れ) 低コストで除去とドローを同時に行えるパワーの高いカードです リオードは他の方々の構築を見てもピンや不採用の方が多いのですが3枚と僕が思う理由はこのカードが最強だからです
68