西武 ライオンズ 選手。 埼玉西武ライオンズの選手一覧

(1979 - 1989)• 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト• (1994 - 1999)• (1998 - 2005)• (1992 - 1999)• (1961 - 1967)• (1997 - 2001途・2008 - 2010)• 2012年5月5日• 本大会を辞退し、代替選手としてが追加招集された。

38試合の出場で打席数こそ少なかったものの、打率. 同年の新人選手の中で、公式戦で最初に安打を打った。

(1997途 - 1998) ほ• 、3月5日に行われた強化試合の対戦に出場した際に左肘に死球を受け、翌日に左肘頭骨骨折と診断された。

4月4日の対戦(西武ドーム)で一軍公式戦初セーブを挙げたものの、以降の登板試合では投球内容が安定せず、広島から移籍したにクローザーの座を奪われた。

(1987 - 1993途) や行 [ ] や• (1997 - 2002)• 0 入団・退団 [ ] シーズン開幕前 [ ] 本節では、前レギュラーシーズン終了から本シーズン開幕までの支配下選手・育成選手の登録・抹消について記述する。

には、一軍公式戦20試合に登板。

西武投手陣の傾向としてはSSKやデサントの使用率が他球団より高いところです。

282と苦しみ、打順も慣れ親しんだ1番ではなく、6〜8番の下位になることも多くなったが、9月に入ってからはチーム最高の月間打率. (1951 - 1959)• スポニチ Sponichi Annex 2014年8月16日掲載• 7月17日の第1戦では3番・指名打者で先発出場し2打数無安打で、18日の第2戦では6回に代打で出場し、から2点本塁打を放った。

(1985 - 1999)• 2021年7月16日閲覧。

アマ野球 [7月8日 18:06]• 945 138 531 474 51 136 33 1 17 222 68 0 4 0 3 44 3 9 143 5. (2012)• (1953 - 1962)• (1996 - 2004)• (1970 - 1974)• 「」(2019年9月12日 第1打席)• (1969 - 1972)• (1971 - 1973)• (1955 - 1956)• 「」Pinkfong(2019年、2020年10月 - )• 日刊スポーツ 2015年7月19日紙面から• 2013年10月24日に行われたでから1巡目指名を受け 、契約金1億円+出来高5,000万円、年俸1,300万円(金額は推定)で合意し 、入団。

56 35
(2010途 - 2012)• (1982 - 1994・2010)• (1968 - 1969)• スポニチ Sponichi Annex 2013年12月2日. (1993)• (1968 - 1969)• (2016 - 2019)• (1987 - 1990)• (1976 - 1981)• 好きとしても知られ、移動中にを使い、特に好きだと語る『』、『』を聴いている (1988 - 1993)• (1966 - 1970・1976 - 1977)• 父親は秋山が小学6年の時に病死し、秋山もこのような経験から2015年シーズンから主催試合でを招待しており 、それが評価されて2019年度のを受賞した
(1977)• (2012 - 2019)• (1994 - 1998)• チームの7年ぶりとなる進出に貢献した は開幕を一軍で迎えたが 、打撃不振に陥り4月23日に登録を抹消された
(1996 - 1999)• (2004)• (2006 - 2014)• なお、チームの甲子園4季連続出場は、大阪府の高校ではかつて6季連続出場を果たしたに次ぐ記録である (1974 - 1980)• 高校野球夏の地方大会 [7月18日 22:35]• 小関順二、西尾典文、石川哲也、場野守泰『プロ野球スカウティングレポート2011』廣済堂出版、2011年、2頁
デイリースポーツ online 2013年7月29日掲載• 2021年6月17日閲覧 (1953 - 1954)• (1996 - 1996途)• (1978)• 961• 出場:5回(2015年 - 2019年) MLB初記録• (2013 - 2014)• (1966 - 1970)• (1975 - 1976)• (1964 - 1966)• (1973 - 1974)• (2004 - 2007)• (1964)• 初安打・初打点:2011年4月13日、対北海道日本ハムファイターズ2回戦(札幌ドーム)、2回表にから中前適時打• (1960 - 1961)• (1972)• では、斎藤、福井、()などと共に1巡目の指名候補に挙げられていた
日刊スポーツ 2015年6月27日紙面から• (2005途 - 2007)• (2015 - 2019)• 2021年6月19日閲覧 外部リンク [ ]• 高校野球夏の地方大会 [7月18日 22:31]• (1987 - 1993)• コミッショナー特別表彰:1回(特別賞:2015年 )• (2016 - 2016途) ひ• (1996 - 2002)• (1984 - 1995)• (1976 - 1980)• (2011 - 2012)• (2008)• 2016年シーズンは671打席で併殺打がわずか2と規定打数に達した野手の中では3位の記録であった
(1956 - 1958)• (1980 - 1981)• (1981 - 1986)• (1959 - 1965)• 38と不振
(2016 - 2020)• さらに、4年時の夏にも、大学日本代表としてに出場 (1969 - 1970)• (1989途 - 1992・1995 - 1995途)• (1973 - 1974)• 初奪三振:2012年5月10日、対7回戦()、4回裏にから空振り三振• (1953 - 1962)• (1967 - 1970)• オプションとして表彰等の出来高が含まれ、背番号は「 4」
レアどころはマット・ダーモディ投手が使用する44プログローブス スポーツニッポン2015年7月15日配信• (1974途 - 1976)• 日刊スポーツ 2015年5月27日紙面から• (1952)• (2010 - 2015)• 契約メーカーが切れ今は企業規模に関係なく様々なメーカーを使用しています
85