大祓 祝詞。 浄化に絶大な効果あり?「大祓詞」を毎日唱えて感じた変化とは|HAPIRAKU

七沢先生は、「皆で奏上するときは、他の人が息継ぎしている間は自分が声を出すようにして、全体として途切れないようにすることが大切」と教えておられます。
すえうちたちて それに対して、年末の大祓を年越の大祓と言うこともあります
大祓というのは、神社で手や口を清めることと同じような考えで、日々の生活で気づかない間に私たちの体につくと考える罪や穢れを半年に一回、大いに祓う行事なのです 夏越の大祓は他にも水無月の大祓など別の名称を持っています
斯 か く 息吹 いぶ き 放 はな ちてば 根 ね の 国 くに ・ 底 そこ の 国 くに に 坐 ま す 速流離姫 はやさすらひめ といふ 神 かみ 持 も ち 流離 さすら ひ 失 うしな ひてむ 「罪を祓い、穢れ(気枯れ)を祓う」とよく言われています
持ち佐須良比失ひてむ もちさすらひうしなひてむ 此く佐須良比失ひては この時に、最高神であるや、大祓で行う茅の輪くぐりにも関係するという神様が生まれるのです
祝詞奏上の作法 神前に立つ前に手と口を清めます 6月と12月では異なる文言であったが、6月の方だけが残った
斯 か く 依 よ さし 奉 まつ りし 四方 よも の 国中 くになか と 大倭日高見 おほやまとひだかみ の 国 くに を 安国 やすくに と 定 さだ め 奉 まつ りて 下 した つ 磐根 いはね に 宮柱太敷 みやばしらふとし き 立 た て 高天 たかま の 原 はら に 千木高構 ちぎたかし りて 皇御孫 すめみま の 命 みこと の 瑞 みづ の 御殿仕 みあらかつか へ 奉 まつ りて 天 あめ の 御陰 みかげ 日 ひ の 御陰 みかげ と 隠 かく り 坐 ま して 安国 やすくに と 平 たひ らけく 知 し ろし 召 め さむ 国内 くぬち に 成 な り 出 い でむ 天 あめ の 益人等 ますひとら が 過 あやま ち 犯 をか しけむ 種々 くさぐさ の 罪事 つみごと は 天 あま つ 罪 つみ ・ 国 くに つ 罪幾許 つみここ だくの 罪出 つみい でむ 大祓詞は中臣祓詞とも呼ばれます
大祓祝詞 大祓詞(おほはらへのことば) 神拝詞(神社本庁蔵版より) 行の下に読み仮名を付けました 高天原に神留り坐す 皇親神漏岐 神漏美の命以て 八百萬神等を神集へに集へ賜ひ 神議りに議り賜ひ たかまのはらにかむづまります すめらがむつかむろぎ かむろぎのみこともちて やほよろづのかみたちをかむつどへにつどへたまひ かむはかりにはかりたまひ て 我が皇御孫命は 豊葦原瑞穂國を 安國と平らけく知ろし食せと 事依さし奉りき 此く依さし奉り て あがすめみまのみことは とよあしはらみづほのくにを やすくにとたいらけくしろしめせと ことよさしまつりき かくよさしまつり し國中に 荒振る神等をば 神問はしに問はし賜ひ 神掃ひに掃ひ賜ひて 語問ひし 磐根 樹根立 草 しくぬちに あらぶるかみたちをば かむとはしにとはしたまひ かむはらひにはらひたまひて こととひし いはね きねたち くさ の片葉をも語止めて 天の磐座放ち 天の八重雲を 伊頭の千別きに千別きて 天降し依さし奉りき のかきはをもことやめて あめのいはくらはなち あめのやへぐもを いつのちわきにちわきて あまくだしよさしまつりき 此く依さし奉りし四方の國中と 大倭日高見國を安國と定め奉りて 下つ磐根に宮柱太敷き立て かくよさしまつりしよものくになかと おほやまとひだかみのくにをやすくにとさだめまつりて したついはねにみやばしらふとしきたて 高天原に千木高知りて 皇御孫命の瑞の御殿仕へ奉りて 天の御蔭 日の御蔭と隠り坐して 安國と平けく たかまのはらにちぎたかしりて すめみまのみことのみづのみあらかつかへまつりて あめのみかげ ひのみかげとかくりまして やすくにとたいらけく 知ろし食さむ國中に成り出でむ天の益人等が 過ち犯しけむ種種の罪事は 天つ罪 國つ罪 許許太久の しろしめさむくぬちになりいでむあめのますびとらが あやまちをかしけむくさぐさのつみごとは あまつつみ くにつつみ ここだくの 罪出でむ 此く出でば 天つ宮事以ちて 天つ金木を本打ち切り 末打ち断ちて 千座の置座に置き足 つみいでむ かくいでば あまつみやごともちて あまつかなぎをもとうちきり すゑうちたちて ちくらのおきくらにおきた らはして 天つ菅麻を 本刈り断ち 末刈り切りて 八針に取り辟きて 天つ祝詞の太祝詞を宣れ らはして あまつすがそをもとかりたち すゑかりきりて やはりにとりさきて あまつのりとのふとのりとごとをのれ 此く宣らば 天つ神は天の磐門を押し披きて 天の八重雲を伊頭の千別きに千別きて 聞こし食さむ かくのらば あまつかみはあめのいはとをおしひらきて あめのやへぐもをいつのちわきにちわきて きこしめさむ 國つ神は高山の末 短山の末に上り坐して 高山の伊褒理 短山の伊褒理を掻き別けて聞こし食さむ くにつかみはたかやまのすゑ ひきやまのすゑにのぼりまして たかやまのいぼり ひきやまのいぼりをかきわめてきこしめさむ 此く聞こし食してば 罪と言ふ罪は在らじと 科戸の風の天の八重雲を吹き放つ事の如く 朝の御霧 かくきこしめしてば つみといふつみはあらじと しなどのかぜのあめのやへぐもをふきはなつことのごとく あしたのみぎり 夕の御霧を 朝風 夕風の吹き払ふ事の如く 大津辺に居る大船を 舳解き放ち 艫解き放ちて 大海原 ゆふべのみぎりをあさかぜ ゆふかぜのふきはらふことのごとく おほつべにをるおほふねをへときはなち ともときはなちて おほうなばら に押し放つ事の如く 彼方の繁木が本を 焼鎌の敏鎌以ちて 打ち掃ふ事の如く 遺る罪は在らじと 祓 におしはなつことのごとく をちかたのしげきがもとを やきがまのとがまもちて うちはらふことのごとく のこるつみはあらじと はら へ給ひ清め給ふ事を 高山の末 短山の末より 佐久那太理に落ち多岐つ 速川の瀬に坐す瀬織津比賣 へたまひきよめたまふことを たかやまのすゑ ひきやまのすゑより さくなだりにおちたぎつ はやかわのせにますせおりつひめと と言ふ神 大海原に持ち出でなむ 此く持ち出で往なば 荒潮の潮の八百道の八潮道の潮の八百會に坐 いふかみ おほうなばらにもちいでなむ かくもちいでいなば あらしほのしほのやほぢのやしほぢのしほのやほあひにます す速開都比賣と言ふ神 持ち加加呑みてむ 此く加加呑みてば 気吹戸に坐す気吹戸主と言ふ神 根 はやあきつひめといふかみ もちかかのみてむ かくかかのみてば いぶきどにますいぶきどぬしといふかみ ねのくに そこの 底國に気吹き放ちてむ 此く気吹き放ちてば 根國 底國に坐す速佐須良比賣と言ふ神 持ち佐須良ひ失 くににいぶきはなちてむ かくいぶきはなちてば ねのくに そこのくににますはやさすらひめといふかみ もちさすらひうしな ひてむ 此く佐須良ひ失ひてば 罪と言ふ罪は在らじと 祓へ給ひ清め給ふ事を 天つ神 國つ神 八百 ひてむ かくさすらひうしなひてば つみといふつみはあらじと はらへたまひきよめたまふことを あまつかみ くにつかみ やほ 萬神等共に 聞こし食せと白す よろづのかみたちともに きこしめせとまをす. かくいぶきはなちてはねのくにそこのくににます 以前春日大社で宮司をしておられた葉室頼昭先生は、ご著書「神道 見えないものの力」の中で、日本語には力があるとくり返し書いておられます
この天津祝詞なんですが、ポイントは一言目にございます! 高天原に神留坐す この言葉の意味合いは何か? 高天原とは何かですねこれは神様が降りる場所という意味ですが、 今自分のいる場所やもしくは自分の心こそが高天原なんです つまり神社参拝したときはその場所その神社こそが高天原であり、 家で唱えるときは自分の心こそが高天原ということなんですね
35

大祓詞の効果:開運、運気上昇 大祓詞が罪や穢れを払う言葉であることから、今まで自分の持っていたよくない気を消し去ることができると考えられます。

ちなみに、この時に奏上していた祝詞が大祓祝詞、つまり今の大祓詞と言う神道で大事な祝詞となります。

古いものの力も信じず、言葉の力も信じずに生きていました。

( 文字にしてもいいのかわからないので伏せますが・・「か」で始まる五文字でした。

四六時中聞いていましたが、声に出して唱えたのは1日に1回ほどです。