次 世代 m4 分解。 次世代M4分解・・・・・・・・・・・・

メカボックス右側に部品が付いていないか確認をしましょう。

この時必ずインナーバレルは抜いておきます。

ちょっと外に出るには寒いかなって休みの日は是非銃のメンテナンスを! サバゲで強い銃は手入れの行き届いた銃! メンテナンスにもちょこちょこ時間を割いてあげましょう。

ホップチャンバーを元に戻せたら、あとはインナーバレルを差し込んで組みなおすだけです! 組み上げたらメンテナンス終了! お疲れ様でしたっ インナーバレルやチャンバーは大量のBB弾が通過するので汚れやすく、 メンテナンスがこまめに必要になってくるので自分でクリーニングできるようにしておきましょう。

このノズルは先端が特殊な形状となっており、チャンバー内で毎回同じ位置にBB弾がセットされる事によりBB弾の回転数が安定し集弾性向上に繋がります。

チャンバーを分解してインナーバレルとHOPアームを取り出します。

トリガースイッチのねじ1本を緩めトリガースイッチを取り外します。

フレームロックピンを抜いてアッパーとロアを分解します。

メカボを取り出したらメカボを開けていきます。

ハンダを温めコネクター端子から配線を外します。

管理画面を確認致しましたら、連休前に入荷した商品が、この3 日間で大分注文が入っている様で、、 した新商品で必要な物がありましたら早めに確認してください。

(東京マルイ以外の取り付けによる不具合は保障対象外となります。

ここ最近、少しずつ使用者が増えてる 『XT30』のコネクターに変更です。

面HOPは弾の回転を安定させる事により弾道が安定します。

42