岡江久美子 乳がん。 岡江久美子さん

そんな雰囲気が評判を呼び、子育て中でがん治療をするママたちが周囲に気兼ねをせずに不安や悩みを打ち明け、支え合う場として輪が広がり、東京23区、八王子市といった「知り合いに会わないちっと離れた」地域や神奈川県など東京都外からも人を集めていました。

さらに怖いのは、この病気で亡くなる場合、発症から死亡までが非常に早い点です。

「もし新型コロナに感染していなかったら、岡江さんは当面の間、乳がん罹患を告白しなかったと思われます。

なんといっても目立つのは、明るく晴れやかな表情だ。

「子どものため」。

しかし岡江さんは免疫力が低下していたようです。

76 7

Aさんは岡江さんを姉のように慕っていた。

となると、岡江さんが入院していた大学病院は 「東京医科大学」の可能性が考えられます。

岡江久美子さん(当時26): 最初に言った一言が「わあ平凡ね」と。

免疫力が低下していたことで重症化した可能性があるという。

番組終了後は、お母様の介護に専念していたということ。

65