ゴーヤ の 栽培。 ゴーヤ(ニガウリ)の栽培方法・育て方のコツ

トラブル・生育不良 ゴーヤ栽培によくある、トラブル・生育不良などをまとめています ゴーヤは日除け効果だけでなく、食べられる野菜でビタミンCも豊富なことで注目を集め、ゴーヤチャンプルーやゴーヤジュースなどで、夏バテ防止にもなると一石二鳥です
今年はいろいろな野菜や花の水耕栽培をしてみており、その一つとしてゴーヤにも挑戦してみることにしました 雌花がつかない 生育初期は雄花が多く咲いて雌花は少ないですが、雌花は短日条件でつく性質があるため心配いりません
AGRI PICKでは、農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園に役立つ情報が毎日たくさん公開されています また、実を収穫するためには、真夏の高温期までにしっかりと成長し、 葉がたくさん茂っている状態にすることが大切です
梅雨の頃はまだ葉が多くはない時期なので、風通しなどに気をつければ大丈夫です 5月中旬頃になり、ツルが伸びるくらいに苗が育ってきたら、畑やプランターに定植して支柱を立てます
畑やプランターへの植え付けの3週間前までに、土作りをしておいてください 畑は ウリ科の植物を育てた場所を避け、後にご紹介する方法で準備してください
グリーンカーテンの場合は、市販のキュウリネットを張るだけでは果実の重みで内側に垂れやすいので、ぴんと張った状態を維持できるようにがっちり結び、垂れてこないように1メートルおきにひもを張っておくとよいでしょう 苗のタグに 育て方ではなく料理のレシピが書いてあるというのも珍しい 笑 品種の特徴としては以下
・剪定・摘心 ゴーヤは摘芯を行うことで子蔓を伸ばし、葉の数を増やします そのほか、家庭菜園で収穫できる野菜は「」もご覧ください
もう少し大きくなるだろう、大きく育ってからと待っているうちに熟してしまい、黄色くなってしまうことがあります 植え付けた後は、たっぷりと水やりをします
害虫は呼吸ができずに窒息死し、病原菌も栄養を得られず死滅します 果実の形には、紡錘形、円筒形、卵形などがあり、長さでは10cm程度から30cm以上のもの、果色には淡緑色から濃緑色、また、白色があり、多種多様です
・ハダニ 葉の裏に群生し、汁を吸います ゴーヤーの追肥 ゴーヤーは元来生育が旺盛なのですが、なりすぎて肥料を切らしてしまい、葉を次々に黄化させてしまうことが多い作物です
カダンセーフは、 食品成分由来の膜が病害虫を包んで退治 一緒に頑張りましょう
葉の色が良くツヤがある• ゴーヤを多く実らせる剪定・摘芯 2. ゴーヤは若採りするくらいが調度いいです 実の数が増えた時に倒れてしまう事があるので、支柱が揺れないようにしっかりと立てて固定しましょう
99