ブライ ノイズ。 もうひとつの究極の姿、ブライノイズ!『流星のロックマン3』孤高のノイズチェンジ形態を公開

ファイアタンク 腹のハッチの部分。 周囲の電子機器の操作も可能で、エレベーターや乗り物では行き先を指定したり、電波変換したときの電子機器へのアクセスコードの解析も可能。 自分で作成したフォルダとは別に登録できる、4枚のバトルカードのセット。 ただし、2マス前方に到達する前に敵に命中すれば複数ヒットが狙えないのが最大の難点である。 AJ Wi-Fi通信対戦で乱入してくるアシッド・エースBB/グレイブ・ジョーカーRRのいずれかを倒す。
ブレイクサーベル 斜め三列の敵をドリルサーベルで袈裟斬りにするカードで、ブレイク性能を持つ ノイズで小型ロケットを作り出して攻撃するほか、首を伸ばしての噛みつき、爪での連続攻撃、コアから放つ無数のスパイク、頭部をミサイルのように連続発射して攻撃するなど、多彩な攻撃で攻める
融合後カスタム画面に残したままにすることも可能 メテオGの力を利用することで地球の支配をもくろんでいる
フロートシューズ カラーアウト時の追加能力• ウェーブライド・ブーストシステム 両足、左腕についている ハンターVGの電波変換機能は電波体のコードナンバーを認証することで発動する
ムーの力を失ったため、ノイズの力を得ようとロックマンをつけ狙う 前作で使用できた通信対戦時に相手が暗転したカードを使用した際に発動できるKFBカウンターが使用できない(このデメリットも書籍シークレットサテライトサーバーでカバーすることが可能)
ただし、イーター系とは相性がとてつもなく悪く、そちらと併用すれば不発となる クラウンの場合は暗転するカードにも効果があるが、ジェミニスパーク以外に多段ヒットする電気属性メガクラスはないので、高威力は望めない
80