イノベーティブ フューチャー。 グローバル・プロスペクティブF《イノベーティブ・フューチャー》

個人投資家が注目するファンドは半年間で組み入れ銘柄をどう入れ替えたのか。

純資産上位30位までのファンドの中で、過去1年の騰落率が最も高かった5本は次の通りです。

運用会社 ファンド名 月末純資産額(億円) 月間資金減少額(億円) ゴールドマン netWIN GS・テクノロジー株式F B ヘッジ無 6,438 -112. (QUICK資産運用研究所=西本ゆき). テスラの株価はコロナショック以降に急騰が目立っている。

5月に投資先を米国からオーストラリアに変更した。

積み立て投資は、長い時間をかけてこつこつ資産を積み上げていく投資方法です。

「グローバル・プロスペクティブ・ファンド《イノベーティブ・フューチャー》」は、主に、世界の上場株式の中から、破壊的イノベーションを起こし得るビジネスを行なう企業の株式を実質的な投資対象とするファンドとして2019年6月に運用が開始されました。

人工知能 このようなテーマ型のファンドは、注目を集めている間は良いパフォーマンスとなりますが、ブームが過ぎてしまうと 成績が振るわない傾向にあります。

9 13 フィデリティ フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド 5,044 -56. この先、ファンドの成績がどうなるかは不確実なことですが、信託報酬は確実にマイナス要因となります。

世界のREITを投資対象とし、米国への投資が6割を超える。

3月24日付けの臨時レポートでは、同ファンドに運用助言をする米ARKインベストメント・マネジメントのコメントを紹介した。

新型コロナのパンデミック(世界的な大流行)による企業や消費者の行動スタイルの変化が新たなイノベーションの普及につながり、フィンテックやロボティクス、ゲノム関連企業などに大きな成長機会があるとの見方を示している。

1 3 One グローバルESGハイクオリティ成長株式F ヘッジ無 《未来の世界 ESG 》 9,252 451. これは低コストの、eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)の信託報酬「0. 純資産上位30位までのファンドでは、引き続き海外の資産に投資するファンドが過半数を占めています。

87