ちょこ りー ぬ 3 世。 セリム3世

フランツ2世がそのほとんどを手に入れていたが、1797年2月24日の謁見でフランツ2世は、マリー・テレーズが相続すべき財産の所有を認め、後に彼女の持参金にするとフェルセン伯に答えた。

拘留中のマリー・カロリーヌが青年弁護士との間の子を妊娠していることと伯との秘密結婚が明らかにされ、嫁の不貞に怒ったシャルル10世はマリー・カロリーヌを絶縁し、マリー・テレーズが母親代わりにルイーズとアンリを養育することになった。

式典に臨御するとエマヌエーレ3世 、第2代イタリア王ウンベルト1世とその妃であるジェノヴァ公女の第一王子としての王領で生誕し、 ヴィットーリオ・エマヌエーレ・フェルディナンド・マリーア・ジェンナーロ・ディ・サヴォイア( Vittorio Emanuele Ferdinando Maria Gennaro di Savoia)と名付けられた。

( 麻帆)• 一女をもうけた。

王政復古時より「マリー・テレーズは共に養育されたエルネスティーヌとタンプル塔内ですり替えられてに送られた」とする説があり、ドイツに存在したと呼ばれる女性が本物のマリー・テレーズではないかと言われた。

その直後、マリー・カロリーヌは姿を消し、ヨーロッパ各地を転々とした後、4月にブルボン家支持者アルマサン公らとともに叛乱を起こし、逮捕された。

83 52