赤畑 渉。 VLP Therapeutics Founder&CEO 赤畑 渉

82
2010年、チクングンヤウイルスワクチン開発で NIH ワクチン研究センター賞。 鎌田 確かに、日本で医薬品開発を行う場合、臨床試験などを行うために人を採用せねばなりませんので、特にスタートアップは難しい舵取りを迫られるでしょう。 7月にも日本で第1相臨床試験を開始。 鎌田 シリコンバレーはイノベーションの回転が速く、すぐに収益も上がってきますが、創薬の領域は時間がかかるので、じっくり腰を据えて取り組まねばなりません。 京都大学医学研究科 特任准教授。 赤畑 まだ臨床試験の段階ですから、今はゼロですが、2022年に形になっていればいいなと思います。 をからに向かって流れるストゥルマ川の流域には、の原虫が生息していた。 2019年2月、VLPT が独自技術で開発したマラリアワクチン候補の新規物質の臨床試験を開始。
37