システム で 予約 済み の パーティション を 更新 できません で した。 「システムで予約済みのパーティションを更新できませんでした」の...

ちなみに、システムで予約済みのパーティションはWindows 7の時代から存在していてるため、Windows 7以前のバージョンではこの問題が発生しません。 検索ボックスに「ディスク クリーンアップ」を入力して、「ディスク クリーンアップ」を実行します。 Windows10にアップグレードした後、またAOMEI Partition Assistantを使用して、したり、ディスクをコピーしたり、MBRとGPTの間でディスクを変換することができます。 エラー「システムで予約済みのパーティションを更新できませんでした」の二つの原因 一連のテストと調査の結果、二つの原因は判明しました。 原因と二つの解決策をご説明します。 今後また発生する可能性もあるかと思いますので、対応例を記録しておこうと思います。
[OK] をタップまたはクリックします。 次のように入力し、Enter キーを押します。 検索結果から [コマンド プロンプト] を右クリックし、[ 管理者として実行] をクリックします。 手順 4. 次に、「OK」をクリックしてメイン画面に戻ります。 GPTディスクでEFIシステムパーティションを拡張します。
今、Windows 10を使っていて、今後も使い続けたい場合、定例の大型更新、例えばWindows 10 April 2018 Update(バージョン1803)をインストールするために、C:ドライブに少なくとも8GBの空き領域を確保しておかないと続行できません こちらは、Windows Update 経由での更新を行われているでしょうか
目次 :• これにより、SRP の使用可能な領域が大きくなりますが、一時的に増加します Windows 10 を更新する場合は、13 MB を解放する必要があります
システムで予約済みのパーティション(SRP)はWindowsの起動情報を保存する小さなパーティションであり、通常にHDDの先頭にあります [システム予約]とマークされたパーティションを選択します
まず、コマンドプロンプトでNTFSのログサイズを確認します 無料の製のプログラムを使用したほうがいいです
選択されたパーティションにドライブ文字がある場合にのみ、 「ファイルシステムのチェック」を使用することができるので、システムで予約済みのパーティションまたはEFIシステムパーティション(ESP)を選択し、「ドライブ文字の変更」機能をクリックします 1でシステムで予約済みパーティションのファイルシステムを修正 ステップ1:MiniTool Partition Wizard無料版をダウンロードしてインストールします
既存のパーティションを削除する詳細な手順については、を参照してください システム予約パーティション(SRP) — ハードディスク上の小さなパーティションで、Windows用に起動する情報を保持します
icacls. [ 追加]を選択します 表示される [ファイル名を指定して実行] ウィンドウでdiskmgmt. sys カーネル DMA 保護 利用不可 仮想化ベースのセキュリティ 無効 デバイス暗号化のサポート デバイスの自動暗号化が失敗した理由: TPM は使用できません, PCR7 バインドはサポートされていません, ハードウェア セキュリティ テスト インターフェイスが失敗しました
BIOS: 基本入出力システム SRP を含むディスク ディスク 0 など を長押しするか右クリックし、[プロパティ]を選択します
16